教員紹介
串田 美保子

串田 美保子

担当科目

TOEICスキルズ、メディア英語、英語リーディング、Advanced English、社会言語学、学びの基礎

氏 名 串田 美保子(クシダ ミホコ)
所 属 法学部法学科
学部担当科目 TOEICスキルズ、メディア英語、英語リーディング、Advanced English、社会言語学、学びの基礎
専攻分野 TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)、英語教授法
最終学歴 米国アリゾナ大学大学院、米国サンダーバード国際経営大学院
研究テーマ
  • ・TESOL(第二言語習得)理論に基づく英語語彙習得の研究
  • ・リンガフランカとしての英語(ELF:English as a Lingua Franca)の有効活用可能性の研究
主要業績
  • ・2014年1月 研究ノート 「Multiword Chunkを有効なinputにするために(1):映像利用教材における有効利用可能な語彙Chunkの分析」『関東学院教養論集』第24号  pp.131-168.
  • ・2009年11月 共著 『英語音声指導マニュアル』東後勝明(監修)、御園和夫(編集主幹)(株)北星堂書店.
  • ・2005年11月 共著 『英語音声学辞典(第二版)』日本英語音声学会編 (株)成美堂
  • ・2004年6月 共著『英語音声学活用辞典』日本英語音声学会編
  • ・2002年3月 論文 「Lexical Knowledge in Listening Comprehension: Multiword Chunks and L1 as Profitable Inputs for L2 Understanding.」『関東学院教養論集』第12号(法学部開設10周年記念号)pp.55-76.
メッセージ 受験生の皆さん、こんにちは。
高校を卒業して大学に入学すると、いろいろな面で高校までとは違うことがありますが、一言で言えば、大学というところは「自分から教わりに来た人に対しては、どんどん更に教えてくれるところ」です。
例えば、大学生は自分で科目を選びます。1・2年生のうちは必修科目が多いので、まだその自由度はかなり制限されていますが、その必修科目のなかで基礎力を養っておき、上級生になってからは自分の興味のある科目を深く勉強することになります。
また、大学生になるとそれまでと違う生活環境や学習環境で戸惑うことがあるかもしれません。そんな時は本学の「学生支援室」という場所で様々な相談をすることができます。勉強の相談(補習など)をお願いできますし、その他様々な相談の入り口になってくれるスタッフが待機していますので、何かありましたらいつでも立ち寄ってみてくださいね。
皆さん、法学部で待っていますよ。
より詳しい経歴
  • ・関東学院大学文学部英米文学科卒業(1985).在学中1983年Linfield College(Oregon, USA)交換留学.
  • ・横浜市立戸塚高等学校(定時制)教諭(外国語:英語)(1985~1987).
  • ・1987-88年度ロータリー財団奨学生としてアメリカ合衆国で国際親善大使.
  • ・Arizona State University, Graduate School, Department of English (Arizona, USA)にてMA in English with a concentration in TESOL(1989).
  • ・Thunderbird School of Global Management(Arizona, USA)にてMBA in International management(1995).
  • ・関東学院大学、多摩大学で非常勤講師(1993~1996).
  • ・関東学院大学法学部専任講師(1995~).
  • ・同学部教授(2004年~).
  • ・同大学国際センター長(2016年~).
研究テーマの
説明
  • ・語彙習得におけるmultiword chunksの役割について.
  • ・ELF(English as a Lingua Franca)の特徴と世界での使用状況を踏まえた上で、EFL話者やESL話者のELF有効利用の研究.
より詳しい業績
    • ・2014年1月 研究ノート 「Multiword Chunkを有効なinputにするために(1):映像利用教材における有効利用可能な語彙Chunkの分析」『関東学院教養論集』第24号  pp.131-168.
    • ・2013年3月 共著 「社会言語学  方言と標準語:どちらがエライのか」『リベラルアーツのすすめ ―― 法学部で学ぶ ――』関東学院大学出版会.関東学院大学法学研究所 編.(pp.12-17)
    • ・2009年11月 共著 『英語音声指導マニュアル』東後勝明(監修)、御園和夫(編集主幹)(株)北星堂書店.
    • ・2005年11月 共著 『英語音声学辞典(第二版)』日本英語音声学会編 (株)成美堂.
    • ・2004年6月 共著『英語音声学活用辞典』日本英語音声学会編
  • ・2002年3月 論文 「Lexical Knowledge in Listening Comprehension: Multiword Chunks and L1 as Profitable Inputs for L2 Understanding.」『関東学院教養論集』第12号(法学部開設10周年記念号)pp.55-76.
  • ・2000年3月 論文 「Listening Comprehension に母語介入は必要か」 『英語音声学』第3号 pp.417-432.英語音声学会.
  • ・1999年1月 研究ノート 「Review of Delayed Oral Approach: A Strategy of Language Training Proposed in the 1970s and 1980s.」『関東学院教養論集』第9号 pp.59-75.
  • ・1998年7月 論文 「Transfer Errors in Interlanguage: Analysis of English by Japanese Speakers.」『Joint Summit on English Phonetics Prodeedings』 pp.95-109.英語音声学会.
個人作成Web http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~kushida/
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.