ニュース

お知らせ

2016.01.30

2015年度秋学期 「コース入門」を紹介します!

法学部では、2年次よりコース制を導入しています。
司法コース、行政・政策コース、パブリックセキュリティコース、法とビジネスコースの4つのコースに分かれて
勉強します。
自分が将来なりたい職業や目標にあわせてコースを選択し、卒業まで同じコースに所属して学んでいきます。

 

大学に入学して間もない1年次は、「まだ将来の目標や進路が決まってない」という学生も多くいます。
各コースで学習する内容を理解してもらい、真剣にコースを選択してもらうために、1年次の秋学期に全員が
「コース入門」を履修し、次年度のコース選択について考えていきます。
社会で活躍する公務員やビジネスマン、また、本学の卒業生の話を聞く機会も設けています。

 

以下に、授業風景の一部を紹介します。
SA(スチューデントアシスタント)の学生に感想をまとめてもらいました!

 

*******************************************************************************
 

 


 

 













第6回 「税理士として働く」    本多くん

 

今回は、本学部の税法の講師である傍ら、税理士として勤める中江博之先生を講師に、「税法と税理士のしごと」をテーマに法とビジネスコースの紹介を行いました。
講義内容は、税理士の仕事内容や、業務形態、全国税理士の傾向や税理士の種類といったものであり、さらに、先生は、税理士の収入内容や全国の税理士の高齢化、税理士と税理士会との関係、会費など、貴重な体験談や、ネットなどでは知ることのできない情報を語ってくださりました。税理士の仕事内容や実体験だけでなく、税理士の資格の取得方法や税理士試験の受験資格、試験科目も教えてくださり、さらに、合格率についても語ってくださりました。また、資格取得にあたり、簿記の知識が役に立つため、簿記の勉強をしておくべきだとアドバイスをくれました。
先生は、税理士の社会的意義や税理士として必要な資質を語り、法律の知識だけでなく、条文の読解力や文章の作成能力など文をまとめる力が重要になるとおっしゃっていて、意外に感じました。また、最後に先生は、「税理士は経済学部や商学部出身者が多く、法学部出身者は意外と少ない」と語られた上で、「法のエキスパートである法学部がなるべきである。」と1年生に激励を送りました。

 

*******************************************************************************
 

 

 

 














第7回 「企業で働く」       志田くん

 

今回は、法とビジネスコースに関連し「企業で働く」ということをテーマに、SMBC日興証券で働いている法学部OBの増田健吾さんによる経験談を中心とした講義が行われました。
まず、SMBC日興証券がどのような会社であるかについて、三井住友銀行が親会社であることや、主な仕事としてブローカー業務とディーラー業務があることをお話しされました。また、具体的な仕事として、営業では会社にあるリストを見て電話をかけるが、お客さんと話すことができないことのほうが多いといったお話もありました。
どのような大学生活を過ごしたかというお話では、1年次は他大学への入学を目指すも失敗し留年。2年次はまったく違うことをやろうと決意し、夏期語学研修への参加や本学の懸賞小論文に積極的に応募。3年次はアメリカへ留学したことや、4年次はゼミナールや就職活動、アルバイトが中心だったこと、また、アルバイトではあえて自身の苦手とする職種を選んだといったことをお話しされました。
就職活動については、よく聞かれた質問やそれに対してどのような答え方があるかについて、さらには就職することがゴールではないといった就職後についてのお話もありました。
今回の講義が就職活動についての具体的な話だったこともあり、多くの学生が真剣に話を聴き、質疑応答では多くの質問をしていました。

 

*******************************************************************************

 




学生たちは、この「コース入門」の授業を通して、現在の自分の将来への意識について理解を深め、進路や目標について考えることができます。
2年次にそれぞれの進路に合わせたコースを選択し、法学部で開講している各種就職支援科目と併せて学ぶことで、より確実に希望の進路へと近づくことができるでしょう。

 

さあ!君の将来にGO!

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.