ニュース

お知らせ

2015.12.07

2015年度秋学期 「コース入門」を紹介します!

法学部では、2年次よりコース制を導入しています。
司法コース、行政・政策コース、パブリックセキュリティコース、法とビジネスコースの4つのコースに分かれて
勉強します。
自分が将来なりたい職業や目標にあわせてコースを選択し、卒業まで同じコースに所属して学んでいきます。

 

大学に入学して間もない1年次は、「まだ将来の目標や進路が決まってない」という学生も多くいます。
各コースで学習する内容を理解してもらい、真剣にコースを選択してもらうために、1年次の秋学期に全員が
「コース入門」を履修し、次年度のコース選択について考えていきます。
社会で活躍する公務員やビジネスマン、また、本学の卒業生の話を聞く機会も設けています。

 

以下に、授業風景の一部を紹介します。
SA(スチューデントアシスタント)の学生に感想をまとめてもらいました!

 

*******************************************************************************
 

 


 

 













第1回 「コース制の趣旨、コース入門概要」    志田くん

 

第1回目のコース入門はガイダンスとして、鳥澤円先生が、コース制の趣旨やコース入門の概要、授業の進め方などについて説明しました。コース入門では毎回、司法コース、行政・政策コース、パブリックセキュリティコース、法とビジネスコースといった、各コースに関連した講師の方を招き、講演を聴くことになります。そのため、講師の方々に失礼の無いように受講態度についての注意がありました。
そして、コース制について、各コースの簡単な紹介や、選択したコースによって2年次以降の選択必修科目が異なること、複数のコースに所属することはできないが、希望したコースには必ず所属できること、どのコースも選択しなかった場合、学校が所属コースを決めるといったことについて説明されました。
参考として、行政書士試験や司法書士試験など、法学部生にとって身近な資格試験の紹介がされました。
今回の授業はガイダンスでしたが、どの学生も真剣に先生の話を聴き授業に取り組んでいました。

 

*******************************************************************************
 

 

 

 














第2回 「公務員とは」       白鳥くん

 

今回は、「公務員とは~市役所の仕事を通じて、公務員の意義や役割・実情を感じよう~」という講義でした。
講義の内容は、1.公務員とは、2.公務員の種類、3.公務員人生、4.公務員の処遇(待遇)、5.公務員の労働基本権、6.公務員の1日、7.公務員のこれから、8.公務員は楽か?という講義を行いました。
私は、今回の講義を聴き、まず思ったことは、公務員は大変な仕事だと思いました。「公務員の1日」「公務員は楽か?」のところの講義を聴きそう感じました。また、そういった話を聴き、公務員はやりがいがあるのではないかと思いました。なぜそう思ったのかというと、「公務員人生」の中の人事異動に関する話を聴いたからです。公務員は3~5年で異動するそうです。その理由が、「適材適所の実現」「組織の活性化と腐敗の防止」「職員の能力育成、活用」だそうです。異動が多いということは、一から始めなくてはならないので大変だと思います。しかし私は異動が多いことは、いい点だと思います。いろいろなことを経験できることは、自分自身のやりがいを見つけ出すことができると思うからです。
今回の講義では先生が一つ一つ丁寧に説明していたので、とても分かりやすい講義でした。

 

*******************************************************************************
 

 

 

 














第3回 「裁判所で働く」        千葉くん

 

第3回目は、司法コースを紹介する講義でした。今回は「裁判所で働く」と題して、横浜地方裁判所の職員の方が裁判所の仕事について講義をしてくださいました。
講義の前半では事務局人事課課長補佐の石川さんから、裁判所の組織や取り扱う事件など裁判所についての説明がありました。その中でも、裁判所は場所を問わず同じレベルの司法サービスが求められるというお話が印象に残りました。また、裁判所の良いところとして、研修制度が充実していることや、ワーク・ライフ・バランスの推進などがあるとの説明もありました。女性が多く活躍する職場でもあるということに、驚いた学生も少なくないようでした。
講義の後半では、裁判所書記官の木村さんから、書記官・事務官の仕事内容や、どのような職場環境であるかについてお話がありました。学生たちは、書記官の仕事は責任も多いがその分やりがいも大きいとのお話を、真剣に聴いていました。また、この仕事において、自分の正義を実現するために努力することは尊いことであるとの言葉が印象に残りました。
学生たちは講義を真剣に聴いており、裁判所や司法コースについて学ぶことができ、とても有意義な授業となったようです

 

*******************************************************************************

 




学生たちは、この「コース入門」の授業を通して、現在の自分の将来への意識について理解を深め、進路や目標について考えることができます。
2年次にそれぞれの進路に合わせたコースを選択し、法学部で開講している各種就職支援科目と併せて学ぶことで、より確実に希望の進路へと近づくことができるでしょう。

 

さあ!君の将来にGO!

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.