法学部の学び

村上 裕 ゼミナール

ゼミナールテーマ 『ヨーロッパ法史上の諸問題』

 ヨーロッパ史の様々な局面における法のあり方を学ぶことによって、「法とは何か」ということを探求しようとするゼミです。

授業の様子
 
 
 

教員からのメッセージ

 このゼミは、基本教材(教科書)を用いながら、文献の調べ方、報告の仕方(レジュメの作成や「話し方」)、ディスカッションの方法などの修得を目標としています。最終成果であるゼミナール論文(卒論)のテーマ選択をはじめとして、合宿やコンパの実施なども学生の自主性を尊重しています。

教員からのメッセージ1教員からのメッセージ2教員からのメッセージ3

教員からのメッセージ1教員からのメッセージ2教員からのメッセージ3

    

ゼミナール生からのメッセージ

 私たちのゼミはヨーロッパ法史における諸問題を扱っています。過去を振り返り、法がどのようにして出来上がり、発展し、衰退したのか、これをその時代時代の出来事と関連させて紐解いていきます。また、このような内容とは別に主に時事問題を題材に挙げ、月に一度ディベートも行っています。テーマを持ち寄り、興味があるものを選ぶので毎回議論は白熱します。ここまで読んでもらうと堅いイメージのゼミといった印象を受けたかもしれませんが、そうではありません。昼食を一緒にとったり、学生が企画してゼミ合宿に行ったり、期末テストを終えるとコンパを行ったりとゼミの時間以外の活動も活発です。ですから、勉強面、生活面両方充実させたい学生にオススメのゼミです。

永浦さん(2016年度4年生)

 村上ゼミナールでは西ヨーロッパの法の歴史について学びます。ゼミを行う際に大事にしていることは「メモを取る」ということです。普段から習慣付けておくことで社会に出てもしっかりと重要なことの区別が出来るのです。もちろんそれだけではなく、メモを取ることで自分の中での物事の理解も深まります。そして、ゼミ報告では報告する際に「工夫」を大事にしています。せっかく機会を設けているのですから報告する側もされる側も力を付けるためです。メリハリがしっかりとしているので聞くときは聞き、笑うときは笑う。そんなゼミナールです。頑張れば頑張った分だけ力を得られる気がします。

吉田さん(2016年度2年生)
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.