法学部の学び

籠谷 和弘 ゼミナール

ゼミナールテーマ 『公共財供給問題の考え方で社会を分析する』

 公共財とは、「みんなが参加することで達成される、社会にとって有益なもの」です。このゼミナールでは、社会に存在するさまざまな問題を公共財の視点から考え、その解決方法を探ることを研究します。

教員からのメッセージ

 公共財とは、「みんなが参加することで達成される、社会にとって有益なもの」です。
公共財供給問題とは、みんなが参加しないため、公共財が実現しない問題のことです。たとえば環境問題は、公共財供給問題の代表例です。
 このゼミでは、公共財供給問題という考え方を使って現実社会の問題について分析することを課題としています。

ゼミナールの様子

ゼミナールの様子1ゼミナールの様子2

ゼミナール生からのメッセージ


 籠谷ゼミでは「公共財給問題」をテーマにゼミを進めています。2年次では、根本から入る前に、ブレインストーミング、KJ法などの要素が含まれているゲームを行い公共財給問題に触れていきます。また、公共財給問題をテーマにした書物をゼミ生がレジュメにして発表し議論することも行っています。この議論では疑問に思うことなどを発言していきます。時にはヒートアップもします。先生の解説やフォローもあり、集中してゼミに取り組めます。

渡邉さん( 2016年度3年生)

 2年次のゼミでは、社会的なことをテーマにディスカッションを行います。例えばコンビニの深夜営業についてなどの身近なテーマや民族の枠組みについて考えるグローバルなテーマなど様々あり、広い視点で物事を見る力がつけられます。ゼミの雰囲気も和やかでどんどん自分の意見を言えるのでオススメです!

武田さん(2016年度2年生)

卒業生からのメッセージ


(眞柄さん)

 4年生のゼミ生は、卒業論文を執筆するために資料集めや文章の構成を考えています。各自の卒業論文の内容としては、ゼミのテーマである「公共財供給問題」に沿って、小田原の中心市街地活性化について、交通渋滞の緩和、原発の立地問題など幅広く扱っています。ゼミの雰囲気は落ち着いていて、とても居心地が良いと思います。

(眞柄さん)
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.