教員紹介
武藤 達夫

武藤 達夫

担当科目

国際法総論、国際人権法、法学の基礎、現代社会の課題、学びの基礎、ゼミナール

氏 名 武藤 達夫(ムトウ タツオ)
所 属 法学部法学科
学部担当科目 国際法総論、国際人権法、法学の基礎、現代社会の課題、学びの基礎、ゼミナール
専攻分野 国際法、国際人権法
最終学歴 一橋大学大学院法学研究科博士後期課程
研究テーマ 国際法における新しい人権の形成過程、国際法と国内法との関係
主要業績
  • 1.『「平和への権利に関する宣言》国連作業部会第2会期における審議についての一考察』、関東学院法学(24巻4号)
  • 2.「社会権規約選択議定書の経緯について」、関東学院法学(19巻3号)
  • 3.『「第三世代の人権」論の意味について』、関東学院法学(1巻1号)
  • 4.「世界人権会議後の国連における人権活動」、ジュリスコンサルタス(4号)
  • 5.『国際法における「平和への権利」』、法学新報(101巻5-6号)
メッセージ 国際法は、国際社会の慣行や国家間で結ぶ条約などによって形成されるルールです。私たちの生活は、国境を越えた燃料や食料の流通や企業活動、地球規模の環境問題に対する取り組みなしでは成り立ちません。ですから、各国の国内法だけではなく国際社会のルールである国際法は益々重要になってきました。本学に入学したら是非、国際法も勉強して下さい。
ゼミナール 私のゼミでは、国際法のなかから「紛争の解決と国連の役割」、「資源の分配と国際法」、「人権の実現と国際法」、「環境の保護と国際法」などのテーマを取り上げて勉強します。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.