教員紹介

村田 輝夫

担当科目

専門英書購読、民法物権法2、民法総合


氏 名 村田 輝夫(ムラタ テルオ)
所 属 法学部法学科
学部担当科目 専門英書購読、民法物権法2、民法総合
専攻分野 民法
最終学歴 早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程)
研究テーマ ・動産等担保法の研究
・高齢者と損害賠償法の研究

主要業績 『大系 環境・公害判例 第2巻・第3巻・第5巻』(旬報社、2001年)共著
「イギリスにおける過失相殺論研究序説」(弘前大学人文学部)文経論叢第27巻1・2号(1992年)
「動産売買先取特権の物上代位に関する一考察」(早稲田大学法学会)早稲田法学87巻第3号(2012年)
「わが国における『集合動産譲渡担保』関連判例の動向について」(青森法学会)青森法政論叢第15号(2014年)
「認知症高齢者の鉄道事故と遺族の損害賠償責任に関する覚書 -JR東海事件を契機として- 」(関東学院大学法学部法学会)関東学院法学第27巻第1・2・3・4合併号(2018年)社
ゼミナール 民法の財産法分野(特に、担保物権法と不法行為法)を対象とし、現代的な課題を取り上げて検討します。2年ゼミで基礎を学び、3年ゼミで応用的課題を検討します。そして、4年ゼミでは各自のテーマを深め、卒業論文に結実させます。
より詳しい経歴績 早稲田大学法学部卒業。
同大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学(民事法学専攻)。
弘前大学人文学部講師、助教授、教授を経て、2006年4月より、本学法科大学院教授。
2018年4月より、現職。
受験生へのメッセージ 民法の財産法分野(特に、担保物権法と不法行為法)を対象とし、現代的な課題を取り上げて検討します。2年ゼミで基礎を学び、3年ゼミで応用的課題を検討します。そして、4年ゼミでは各自のテーマを深め、卒業論文に結実させます。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.