相川 忠夫

担当科目

行政法総論、行政法各論、プレゼミナール



氏 名 相川 忠夫(アイカワ タダオ)
所 属 法学部地域創生学科
学部担当科目 行政法総論、行政法各論、プレゼミナール
専攻分野 行政法
最終学歴 中央大学大学院法学研究科博士課程
研究テーマ ・行政事件訴訟法の基礎的研究
・個人情報保護および情報公開法制の研究
研究テーマの
説明
行政事件訴訟については、既判力以外の特殊な効力(対世効、拘束力)の射程に関する研究を行う。個人情報保護については、いわゆる番号法による個人情報の取扱いの変化が実務にどのような影響をもたらすかを研究する
主要業績
  • ・「アメリカ最高裁における合憲性審査基準の推移-Takings判例を題材にして」同志社法学249号421頁 1996年10月
  • 『大学入門講座』2004年(東京図書出版会)
  • 『初歩から学べる行政法Ⅰ・Ⅱ』2007年(実務教育出版)
  • 『行政法演習』2013年(敬文堂)
  • 『行政法演習別冊 司法試験公法系問題解説』2013年(敬文堂)
メッセージ かつての行政法は、公務員養成のための科目でした。しかし、現代では、市民の立場から、法律に基づいて行政活動を分析・批判するための基礎を提供する科目となっています。行政と無関係な生活を維持できない現代における教養の一つとして行政法を学んでください。
より詳しい経歴
  • 鳥取大学教育学部を経て、2004年から関東学院大学法科大学院で行政法を担当。
  • 2015年4月から法学部に移籍。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.