キャンパスライフ

学生の声 Q&A

法学部生に、学生時代の4年間を振り返ってもらいました!

法学科 2020年3月卒業 海老原 楓さん(松原 哲ゼミナール)              内定先:小田原市役所




  • 関東学院大学はこんな大学です!

 頑張る人を全力で応援してくれる大学です。私は関東学院大学に入学し、一生ものの仲間と信頼できる先生方に出会うことができました。
 私はスカラシップ生として大学に入学し、とにかく勉学に励みたいという気持ちでいました。そんな私が今日まで頑張ることができたのは友人のサポートがあったからだと思います。
また入学してから、新たなことに挑戦したいと思った私は先生方のサポートもあり、オープンキャンパスやハワイ研修、シンポジウムの司会など様々なことを経験することができました。自身の視野を大きく広げることができたと思います。
 就職活動においても、友人・先生方だけでなく就職支援センターの方やキャリアカウンセラーの方など多くの方の援助があり最後までやり遂げることができました。



  • 法学部で好きな授業とその魅力

 私は松原先生の民法が好きです。特に1年次の民法総則が好きでした。私たちが日常的に行っているモノの売買から始まり、民法の知識を大変わかりやすく得ることができます。途中の松原先生の雑談もほっこりすることが多くあり、楽しく講義を受けることができました。わかりやすい先生が作成したレジュメも魅力のひとつです。
 現在は松原先生のゼミナールに所属しており、不法行為を中心により深く民法を学んでいます。

  • 後輩に向けて応援メッセージ

 就職活動では悩んだり落ち込んだりすることが多くあると思いますが、一人で抱え込まずに頼れる先生方や仲間に心を開いてみてください。私はそうすることで乗り越えることができました。
 大学に入ったからには自分の殻を破り様々なことに挑戦してみてください。きっと自身の進路に繋がります。

 

法学科 2020年3月卒業 富樫 優汰さん(髙瀬 幹雄ゼミナール)              内定先:みずほフィナンシャルグループ




  • 関東学院大学はこんな大学です!

 様々な学部学科があり、自分の好きなことを学べる大学だと思う。また、学業だけではなく部活動にも力を入れており、文武両道を目指せる大学だと思う。
 自分自身が4年間で成長するチャンスのある大学です。


  • 法学部で好きな授業とその魅力
  •  好きな授業は民法。日常生活に関する事例が多いため、親近感があり、内容を想像しやすい。また、日常生活を法律の視点から見れるようになり、様々な角度から物事を見れるようになる。


    • 後輩に向けて応援メッセージ

     熱中することを見つけて、取り組むことが大切だと思う。勉強でも、部活動でも、語学でも、何か熱中することを見つけ、それに対して時間や熱量を注いでほしい。将来、自分の糧になると思うので。

     
     
     
     

    法学科 2020年3月卒業 濵田 恵利さん(川島 健治ゼミナール)              内定先:東京検察庁


    濵田 恵利さん


    • 関東学院大学はこんな大学です!

     教授がとても親身に対応してくれ、非常に頼りやすいです。講義内容の質問だけでなく、進路についても相談に乗ってくださり、大変心強く、尊敬出来る存在です。
     また、研修プログラムも充実しており、機会と挑戦の場に溢れた大学だと思います。
    私自身もハワイ研修に行き、学びたいことや経験を得られました。頑張っている人に本気で向き合ってくれる大学です。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

     好きな授業はゼミナールです。(私は刑事訴訟法のゼミナールですが、)通常の授業とは違い、教授との対話の頻度も多く、自分の理解するペースも向上させることが出来、不明点も詳しく教えてくださいます。質問をする、という行動に臆することもなくなりました。もっと知りたい!と思った分野をじっくりしっかり学べる場であり、分野だけでなく、プレゼン能力や集団行動までも学べる、自身の能力を高めることが出来る授業です。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     片道約3時間で通学し、帰宅後はアルバイトもしていました。時間に追われる中、隙間時間を有効活用する術を得て、学業でも良い成績を収めることが出来ました。ボランティアやサークル、インターンシップや海外研修にもチャレンジ出来ます。大切な大学生活を無駄にすることなく、様々なことに挑戦して有意義な時間にして頂きたいです。努力する方法から学び、可能性を広げてください。応援しています。

     

    法学科 2020年3月卒業 山下 一郎さん(出石 稔ゼミナール)              内定先:東京消防庁


    山下 一郎さん


    • 関東学院大学はこんな大学です!

     図書館やパソコン室等の設備が充実していてとても過ごしやすく、色々な活動に力を入れることができる。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

     地方自治法。
     将来公務員として働く上で必要な学びでもあったため興味を持って学習することができた。魅力としては自治体のしくみや日々の当たり前の生活環境の背景を知ることができること。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     関東学院大学は自分の能力を高める設備や支援がたくさんあります。  それを有効活用し、より充実した学生生活を過ごして下さい。

     
     
     
     

    法学科 2019年3月卒業 池田 翔貴さん(本田耕一ゼミナール)              内定先:東京急行電鉄(株)




    • 関東学院大学はこんな大学です!

     どの学部も全力で授業に取り組み、年間行事も充実していて、何より就職支援が充実しており、多くの友人と出会い、4年間を有意義に過ごすことができる魅力のある大学です。先生方も、学生の授業態度に気を配り、魅力のある授業を開講してくれます。こんな魅力のある関東学院大学で皆さんも一緒に最高の4年間を過ごしませんか。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

     私が法学部の授業で好きな授業は、地方自治に関する授業です。地方から毎日片道2時間半かけて通学していた私は、大学の所在地である横浜市や、横須賀市の自治行政に関心を持ち、この授業を履修しました。最終的には、横浜市や、横須賀市の自治行政の現状や今後の課題を知ることができ、良かったです。その他にも、魅力ある授業が多くあるので、4年間で知識を多く吸収できます。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     自分の学びたいことや、してみたいこと、まだ曖昧だと思いますが、大学に入学してから色々なことに挑戦できます。人生は1度きりなので悔いのない充実した4年間を過ごしてください。みなさんの4年間をサポートする環境が関東学院大学には絶対にあります。自分でゴールを決めずに色々なことに挑戦してください。応援しています。

     

    法学科 2019年3月卒業 相原 慶太郎さん(出石稔ゼミナール)              内定先:神奈川県警察本部




    • 関東学院大学はこんな大学です!

     教授や先生との距離感が近くいい大学です。 キャンパスもきれいでとても居心地がよいです。
     自分自身が4年間で成長するチャンスのある大学です。



    • 後輩に向けて応援メッセージ

     大学生は、自由な時間が多く色々な経験をすることができます。それは、就職活動でも生かされることなので多方面に目を向けてください。

     
     
     
     

    法学科 2018年3月卒業 中山 彩夏さん(藤田潤一郎ゼミナール)              内定先:株式会社ソフトバンク


    中山 彩夏さん


    • 関東学院大学はこんな大学です!

     関東学院大学は、「やってみたい!」が叶う場所だなと四年間過ごしていて思いました。
     関東学院には、海外研修プログラムや語学研修、ボランティアなど、たくさんの制度やプログラムが用意されています。これらのプログラムは殆どが学年の制限などなく誰でも応募する事ができるので、こうした大学のプログラムを活用することで、在学中に様々な経験をすることが出来ます。また、生徒と教授、職員の方々との距離がとても近いのも学校の魅力で、「こんなことやってみたい、こんなことあったらいいな」と思ったことはすぐに相談に乗ってくれます。実際に「学校に泊まってみたい!」という学生の意見を元に、学校へ泊まろうというイベントが開催されたり、季節ごとに様々なイベントが実行されました。学生の主体性を尊重し、学校側が全力でサポートしてくれるので色んなことにチャレンジする事が出来ます。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

     一番好きな授業は原口先生の憲法です。
     一年生の時から原口先生の授業を履修してます。原口先生の授業は、プリント・ノート・教科書・六法をフル活用した授業で、授業が終わる頃にはノートやプリントにメモがびっしりになるので達成感があります。また、難しい事例も分りやすく丁寧に説明してくれるので法律の勉強を始めたばかりの1~2年生には特にオススメです。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     関東学院には、様々な事に挑戦出来る機会がたくさん用意されています。私も在学中は、海外研修プログラム、ボランティア活動、語学研修、オープンキャンパススタッフ、学生メンターなどなど、書ききれない程沢山の経験をさせていただきました。これらの経験は、就職活動に役立つだけでなく、人として大きく成長することが出来ます。ぜひ、学校の制度などをフル活用して充実した学校生活を送ってください!

     

    法学科 2018年3月卒業 西田 貴星さん(高瀬幹雄ゼミナール)              内定先:株式会社オールアバウト


    西田 貴星さん


    • 関東学院大学はこんな大学です!

     関東学院大学は部活動が盛んな大学です。私自身はバスケットボール部に所属していましたが、自分自身が好きなことを熱中し打ち込むことができる環境が整っていると思います。また、部活動に入ったことでたくさんの仲間にも恵まれたくさんの人との出会いがあり充実した4年間を送ることができました。
     自分自身が4年間で成長するチャンスのある大学です。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

     労働法です。卒業したら社会に出て働くということで働く上での身近な法律などを学ぶことができ、私自身とても興味が持てた講義でした。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     大学生は自由な時間が多いですが、その時間を無駄にするのではなく有意義に有効活用し、なにかひとつのことに打ち込み、大学生の間にしかできない様々なことにチャレンジし充実した大学生活を送ってください。

     
     
     
     

    法学科 2017年3月卒業 濵田 大志さん(藤田潤一郎ゼミナール)              内定先:株式会社日本エイジェント


    濵田 大志さん


    • 関東学院大学はこんな大学です!

     関東学院大学は、学生同士の絆がとても深い大学です。
     いつも、学生メンターを中心とした、多くのイベントが企画されています。例えばスポーツ大会やバーベキュー交流会など、学生も参加しやすく、楽しめるものが多くあります。そのイベントにはいつも多くの学生が参加しており、イベントに参加するたびに新しい友人ができます。そのようにして絆が深まっていき、先輩後輩関わりなく、あるいは職員の方々とも仲良くなれるのが関東学院大学です。
     いろいろな人との関わりを持てることで、何か困ったときには常に周りに相談相手がいます。大学生活では、人生を左右されると言っても過言ではない場面に多く直面しますが、関東学院大学では、その絆の深さで悩みもすぐに解決できます。様々なプロジェクトなども用意されており、いろいろな経験を積むことができる大学で、先生や職員の方も学生の事を考えてくださっているのが伝わりました。毎日学校に行くのが楽しみで仕方ありませんでした。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

     私は民法が特に好きで、民法の授業はほぼすべて受講しました。
     民法は私たちの生活とも密接にかかわっているのもが多く、身近に感じる法律です。学生として感じる民法の魅力は、これからの私たちにも多く関わってくるということです。例えば結婚に関する法律、家などの不動産に関する法律、人とのお金のやり取りに関する法律など、自分に置き換えて授業を受けることができます。また、勉強すればするほど知識になっていくことにも魅力を感じ、つらいはずのテスト勉強も楽しみながら行う事ができました。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     大学生活はやるかやらないかで大きな差が生まれる期間です。大学生活という自由な時間でしか得られない経験がたくさんあります。関東学院では多くのプロジェクトが用意されており、学生のやる気を応援する体制が整っています。
     私も実際に、台湾に研修に行き、今までの人生では味わう事が出来なかった経験を得ることができました。挑戦したいと思う気持ちや、頑張りたいという気持ちが大学生活を充実したものに変えてくれます。それが後々の人生に必ず役に立つと思います。
     まずは、目の前の勉強をしっかりと取り組み、新しい事へぜひ一歩足を踏み出してみてください。

     

    法学科 2017年3月卒業 髙橋 侑莉さん(武藤達夫ゼミナール)                内定先:株式会社横浜銀行


    髙橋 侑莉さん

    • 関東学院大学はこんな大学です!

     チャレンジできる大学です!
     関東学院大学は、学生が何事にもチャレンジできるよう、学生へのサポートが充実している大学だと思います。
     私は、大学入学時にスカラシップ生の資格を大学から頂きました。そのおかげで、大学生活は思う存分学業に打ち込むことができました。また就職活動の際、特にサポートが充実していると感じました。就職活動はわからないことばかりで不安でしたが、就職支援センターの支援プログラムには必要なプログラムが全てそろっており、安心して就職活動に取り組むことができました。
     学業はもちろん、部活動やサークル活動、留学等、あらゆる面でのサポート体制が整っています。そのサポートを大いに活用し、4年間の大学生活を充実したものにできるよう頑張ってください。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

     私が好きな授業は「国際法の総論」です。
    グローバル化する世の中、国際情勢を学ぶうえで国際法は欠かすことのできないものであると思い、受講しました。時事を取り入れた授業では、現在の世界が抱える課題や今後の展望について考察する機会もあり、より広い視野で日本と世界との関係を考えられるようになりました。
     私はこの授業をきっかけに国際法をもっと深く学びたいと思いました。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     大学生活は、これから社会人になる為の準備期間です。それと同時に、自分の時間を存分に使えるのも、大学生活が最後だと思います。勉強も遊びも、自分のしたいことに妥協をせず、存分に取り組んでください。
     皆さんが充実した学生生活を送れるよう、応援しています。

     

    法学科 2017年3月卒業 迫田 基樹さん(原口 佳誠ゼミナール)                内定先:神奈川県警察本部


    迫田 基樹さん

    • 関東学院大学はこんな大学です!

     将来のために役立つサポートを提供してくれる就職支援室や、学生を親身に支えてくれるカウンセリングセンターなどの頼もしい環境が整っています。
     また、サークルや部活、学校行事も多彩であり、自分に合った居場所が必ず見つかると思います。10代から20代、学生から社会人へと生まれ変わる節目の時期に、大学でできる仲間というのは一生付き合っていける大切な存在です。この学校ではかけがえのない時間を過ごすことができました。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

     憲法です。原口ゼミナールのもとで学習したことから新しい観点を持つことができました。人は法律に縛られるものでありますが、その法律を暴走させないために更に国家を縛るものが憲法です。普段の生活には縁のない話だと思っていましたが、身近なところで密接に関係している隠れた面白さがありました。ニュースを見るのが少しだけ楽しくなります。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     もとから関東学院が第一志望校だった人と、そうでない人もいるかと思います。いずれにしろ、大事なのは自分がどのような学生時代を送ることができたかです。必要な単位は取りつつ就活の準備をし、あとは力尽きるほど遊んでください。

     

    法学科 2017年3月卒業 鈴木 咲紀さん(村上裕ゼミナール)                内定先:SMBCフレンド証券株式会社


    法学科 2016年3月卒業 柏木 美樹さん

    • 関東学院大学はこんな大学です!

     チャンスを与えてくれる大学です。
    私は、女性活躍推進について企業がどのような取り組みをしているのか興味を持ち、その調査をする機会をいただきました。また、法学部ハワイ研修に4人中の1人として参加し、日米関係や日本の女性活躍推進についてハワイ大学院の教授から意見をいただいたり、ハワイ州巡回裁判所を見学したりなど、参加したことによって自分なりの考えを形成することができました。どちらも私の大学生活において貴重な経験です。高校生の時には考えてもいなかった経験ですが、関東学院大学に入り、やりたいと手を挙げたことによってチャンスをもらいました。
     大学生活は自分次第でいくらでも変化します。そのバックアップをしっかりしていただきました。



    • 法学部で好きな授業とその魅力

    『刑法総論』。教授の考えを聞くのが大変面白かったです。教えてもらうというよりは、毎回講演会を聞くような授業でした。
     刑法というと、殺人罪などよく媒体で報道される事件に関わるものを想像しますが、それだけではありません。死刑について考えたり、冤罪について考えたり、教授の考えを聞くことによって、私の考えにも影響しました。法学部で学んだことにより物事の背景まで考える力を養うことが出来ました。

    • 後輩に向けて応援メッセージ

     私は大学に入って、様々な景色を見て、多くの人と話す機会を得ました。入学当初は不安な気持ちでいっぱいでしたが、卒業目前の今、思い返すと予想外の経験が多い大学生活であり、そしてもっと話を聞きたい!と思う人に出会うことが出来ました。
     入学することだけを目標にするのではなく、その先にある大学生活を思い浮かべながら高校生活を送ってください。きっと想像以上の大学生活が待っています。

     






    >>過年度の「学生の声Q&A」はこちらから


PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7040
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.